最近お疲れ顔?!頬のたるみをカバーする3つの方法は?

最近、「なんだかお疲れ顔だね?」と言われるようになってきたあなたへ。その原因は、頬がたるんできたからかもしれません。そこで今回は、お疲れ顔を解消し、生き生きとした表情を作るために知っておきたい3つの方法をお届けします。

 

◆その1 化粧品の有効成分を活用
まずは肌のたるみを抑えるために、化粧品選びから見直していきましょう。以下のような成分が含まれた美容液を使うことでコラーゲンが増え、お疲れ顔予防に役立ちます。

 

・レチノール(ビタミンA)
脂溶性ビタミンとして知られるレチノールは、皮膚に浸透して表皮細胞生まれ変わりを促す働きがあります。ただし、効果が高い分刺激も強いので、必ずパッチテストをしてから使うようにしましょう。

 

・ビタミンC
真皮層のコラーゲン繊維に働きかけるビタミンCは、コラーゲンの産生につながるため、肌へハリをもたらす効果があると言われています。なお、一般的にはビタミンC誘導体である「リン酸パルミチン酸型」「リン酸アスコルビル酸NA」「リン酸アスコルビルMg」が使われます。比較的肌への刺激も少ないので、まずはこのあたりから試してみましょう。

 

◆その2 お疲れ顔に効くマッサージや体操
頬のたるみの原因は、血流が悪くなりお肌の新陳代謝が低下するため、と考えられています。そこで、血行を促進できるようなマッサージを行うのがオススメです。口角周辺に刺激を与える“リンパマッサージ”や、頬の上で円を描くように行う“くるくるマッサージ”など、ご自身に合ったものを選んでみてください。

 

その他、皮膚を伸ばすように口の中で舌を動かす舌回し体操や、「あ・い・う・え・お」と口を大きく開けて発音し、表情筋を鍛える“あいうえお体操”もオススメです。家でも外でも簡単にできるので、ぜひお試しください。

 

◆その3 メイクを工夫したカバーテクニック
お疲れ顔をカバーするには、メイクで顔の印象を変えるのも効果的です。いくつかの方法を見てみましょう。

 

・シューディングで立体感を演出
顔の輪郭のたるみが気になる場合は、影を入れることで顔に立体感を作るのがオススメです。たるんだ部分が目立たなくなる効果があります。

 

・ハイライトで顔を立体的に
おでこや鼻をハイライトによって目立たせることで、相対的にたるんだ部分が引っ込んだ印象になるメイクテクニックです。

 

・チークを高めの位置に
しっかりと笑顔を作ったあと、頬骨の高い位置にチークを塗ってください。顔の印象が上方向に引っ張られ、表情が明るいイメージになります。

30代後半から備えるアンチエイジング化粧品

30代後半から、老けた印象になってしまったと気になるあなたへ。目の周りや口の周り、シミやフェイスライン。30代前半とは違う、顔が下へとたるんでしまって、あごが二重あごのようになってしまう。一度気になってしまうと、外に出たくないな。久しぶりに友人と会いたくないなと思われる方も多いでしょう。気になるお肌のトラブルは、そのまま放っておくのではなく、悩みに応じたスキンケアを探すことです。あの芸能人が使用しているから、使用してみようかな、トライアルセットを試してみたけどいまいちだったということはありませんか?案外、自分にピッタリ合う化粧品を見つけることは難しいんですよね。肌の状態は、みなさん違うわけですから。口コミが良くても、自分が良いとは限らないんですよね。だって、悩みが違うんですから。シミに働きかけるといっても、乾燥肌?脂性肌?によって、また違うわけですから。自分に合うスキンケアを見つけるのは難しいんですよね。だからこそ、化粧品を探すのは難しいのです。店頭でトライアルセットをもらう方法。インターネットでトライアルセットを購入する方法。ネットの場合は、有料が多いです。送料は無料となっていますが、送料がかかっていますから、化粧品自体を無料にするのは難しいのかも。→アンチエイジング化粧品